三便宝の成分紹介

三便宝は色々な種類の天然生薬を組み合わせ、速効、超臨界提取製剤の複合技術を使用し、生薬成分が短期間内で効能が出てくる精力剤製品です。三便宝の効き目が優れているため、世界で多国の人々に愛用されています。また、圧倒的な人気があるもう一つの理由は三便宝の副作用があまりないことと認められています。

なんで三便宝の副作用があまりないんでしょうか?それは三便宝の成分が主に山薬(さんやく)、枸杞、甘草(カンゾウ)、薏苡仁(よくいにん)・ハトムギ、オニバスの実・オニバス(鬼蓮)、百合(びゃくごう)などという天然生薬だからです。

山薬(さんやく)
滋養補益作用に効果がある山薬は日本薬局方にも収録されている生薬で、滋養強壮、止瀉、止渇作用があります。

枸杞
枸杞には滋養強壮作用があり、薬剤として広く使われています。

甘草(カンゾウ)
不老長生薬と呼ばれる甘草は中医学の薬性理論の大きな柱となるのが次に掲げる「性・味・帰経」で、いずれも生薬の効能効果と関連があります、漢方薬に広範囲にわたって用いられる生薬であり、日本国内で発売されている漢方薬の約7割に用いられている。

薏苡仁(よくいにん)・ハトムギ
漢方や民間療法では、皮を剥いた種子を薏苡仁(よくいにん)と呼んで薬用に用いられ、いぼ取りの効果、利尿作用、抗腫瘍作用などがあるとされる。漢方では薏苡仁湯などに使われる。また、ハトムギ茶やシリアル食品などにも利用される。

オニバスの実・オニバス(鬼蓮)
中国ではオニバスの種子が食材として使われたり、漢方薬として用いられている。

百合(びゃくごう)
百合(びゃくごう)は滋養強壮、利尿、鎮咳などの効果があり、辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)などに使われる。