不安症の昆虫アレルギー症状焦慮症のタイプと対応

不安症は、人の群れに罹患率が高く,昆虫アレルギー、睡眠障害,焦慮と自律神経のシステム機能障害があり、主な表現.焦慮症の治療は主に心理療法を中心に、薬物治療に対する総合治療.では、焦慮症はどんな自己調節をしていますか?次は私たちは一緒に見ましょう!

焦慮症のタイプ分類

焦慮症1、急性焦慮発作(驚発作)

正常な日常生活環境では、恐れない性境地の時、患者が突然現れて極端な恐怖の緊張感を伴う心理、瀕死や暴走さとともに、明らかな自律神経係の症状など、息苦しくて、慌てて、呼吸困難、汗が出て、全身身震いなどは、一般に続いて数分から数時間.

は突然始まって、迅速にピークに達し、発作時意識がはっきりして.注意!このタイプの焦慮の出現は発作性の、予知できない.急性焦慮発作の臨床表現と冠状動脈発作が非常に似て、患者は120救急電話、心内科の急診を見に行きます.患者の症状が重いにもかかわらずそうに見えるが、関連検査の結果が正常なので、そのためよく診断がはっきりしないで、急性発作の焦りも誤診率が高く、手遅れになってしまっももたらした医療資源のムダ.

p2,幅広い性焦慮

は明らかに、患者はあまりにも心配して、緊張しすぎて、しかし緊張していて明確な対象と内容がないことを恐れて恐れていた.また、患者も伴ってくらくらして、息苦しくて、慌てて、過呼吸、口は、頻尿、切迫感、汗が出て、震えるなどの体の方面の症状は、この不安に続けて数月.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です