安息、昆虫アレルギー虫

今朝朝ご飯を食べに行き、途中で見つけた一匹の虫で、地の上で横たわって、もがいて,早漏対策,背中に似ており、亀、腹部の長いですね、これが身を回転して、すねはひっきりなしに震えて、クラスメートにこの虫で、すぐになっていなくて、足を続け、虫は半身不随となり、微動だにしない、後の下、階下の、私は彼にどうして容赦なくこの虫が足に、クラスメートによると、あなたはこのように背中を発見して似て亀のような虫、それらはいったん横になって、難しいか?最後にはそっと死ぬしかない.

後、考えてみても、人間も同じ、一日中腰をかがめて背を曲げる他人に頼み込むことなく、尊厳を最後に、習慣、背中も曲げて,ある日、これらの人は横になって、それまでの場面はもがいて細々とほかは、通行人に踏まれまま軽蔑し、最後には死んで、シーンもそうな悲怜

pだから時々感情に、事業にも……ある時本当にある時は本当に人の施しをこいねがうて、ただ反り身、尊厳を持ち、唯一唯一の道、そうではない、いつ自分は死ぬのも知らない

人の憐れみで暮らして,昆虫アレルギー、ときに一番つらいことは、人にしてはならない.だから腰つきはあなたの、曲がってもまっすぐにまっすぐに、あなたの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です