昆虫アレルギー仏陀・私は

p道、まっすぐにでこぼこになって.一歩一歩上、唵よねスピーカみい吽!

を目前にした本は立つ3650メートルの上にその座紅白の色調の宮殿、どのように突然のは羊卓雍措置、サファイアのような静かで、まん臨絶頂の壮大で、念青タングラ山の下で、私はそんなにの方角に校
何度も魂を夢に身を回って、幻想ラサ聖城、揺れる手の転経筒、再出発、行は直貢一座は座のカギュ派寺間、心、源仏仏に生まれ、心;.私はただ幻想と幻想と期待してあの日、小さい小さい時の願い、いつも実現することができます.
太陽穀——甘孜州得荣県、それは私の故郷.翁甲神山に覆われて、私は他の転山の人の足跡も、別の人が別の祈りで行われている、私たちも同じ動作.仏様は、何年年ぶりに神山に帰ってきたことがありますか?

雲の白い鶴よ、
翼を貸してください、
私は遠いところへ飛んで、
私理塘回って帰ってきて,レビトラの副作用.

最愛この《ツァンヤン・ギャムツォ情歌』は、おそらくこれは私が来るたびに理塘も舎てないで離れる原因でしょう!4000メートルメートルの海抜は、平坦な、奇抜な平坦である.初めての理塘、あるいは少し高山病のせいか、まるで魂は肉体とは、長い靑春コール寺のお声こだまして心の中で、読経の声のように、る気.しかし、彼は結局理塘に着いたことがなくて、このツァンヤン・ギャムツォ未開発だった場所では彼になって心の奥の最も感傷の地名、だって、それは达瓦卓玛の故郷…….

にもポタラ宮だけがない世ダライラマの灵塔.彼は生活を受けない放蕩、比丘戒は、自由だ心.誰もいない資格評価ツァンヤン・ギャムツォの是非を、私としか思ってすべての人は自分の达瓦卓玛だろう.

夢、また夢!

月下,念青タングラ雪峰ような孤独玉柱根.木の湖面、1つの迷いのある白くて、1つの冬の童話を訴えるようです.卓玛殺害された事件で、1碗の国連、ツァンヤン・ギャムツォ不完全の命を奪ってしまった.

すべての出会い、偶然の出会い、暮は振り返り,お互いの人生、目としてしかない刹那.

私は仏陀の曰:命は自分で作って、相は心から生、世の中万物はすべて化相、心は動かない、万物はすべて動、心は不変で、万物はすべて不変である.

はツァンヤン・ギャムツォ心の仏、自然も、私の心の中の仏.しかし仏心は宗派によって,昆虫アレルギー、どこが違いますか.

私は依然としてチベットに着いたことがなくても、故郷に帰っていないで、偶然に漢族だけでなく子供を握ってどこから買ってきた小さな転経筒なまぬるいに揺らし、子供のころの私を思い出します.

私は依然として寺に行っては、曾常とダン·松赞林寺でもなく、小説の中を見たが本当にいるのかどうかは」

☟精力剤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です