昆虫アレルギー喫煙と眼病

ご存知のように、喫煙過剰有害健康は、喫煙に影響を与えるだけでなく、呼吸や心臓血管機能、慢性閉塞性肺疾患や心筋梗塞などの心の肺疾患のほか、タバコを吸ってもといくつかの悪性腫瘍にタバコが停止,昆虫アレルギー、10年以降、悪性腫瘍の発生の危険性が50パーセントを下げることができます.タバコは目の視覚機能に影響することはできませんか?疫学資料表示、喫煙と病気が関係、喫煙に関連する病気の種類も増えてきた 媚薬正規販売.他の喫煙による病気と同様,喫煙は目の影響を受け、累積線量は大きい.発生の目がひどくなる.

たばこによる

の煙に含まれる四千種類以上の有効成分で、中には40種類以上は発ガンすることができるのは,これらの成分は急性の接触や長期ハザードが毒性も含めた目へのダメージ.これらの病気はタバコと関係があるのでしょうか.喫煙はまた、その眼病の程度と進展を強めているのでしょうか?目の表面の結膜から.タバコの煙による結膜に敏感なので、刺激を受けて生じやすい結膜充血や涙の現象で、これらの煙霧の中の化学物質も刺激結膜上の神経末端を招いて、刺し、灼熱などがとても悪い感じ.また、タバコのほこり粉末に長期的な照射があり、目の粘膜の悪性変化につながる恐れがあり.

p>をふんだんにタバコを吸う<虚血性の病気の極めて重要な危険因子、タバコを吸うのは目の血流循環に不利な影響があると指摘し、実験を増える眼球脈絡膜血管の抵抗も低下眼動脈の血流速度.そして頚動脈の動脈硬化症斑なることが眼動脈一時や永久の塞栓が一時的に黒蒙(失明)や網膜永久の梗塞(通称目に風)、臨床上記を確認する現象は老年人口が強いと喫煙関連.

供給視神経乳頭の血管収縮が起きた場合や梗塞で視神経ない養部の供給によって、虚血性の視神経病変、出る急性無痛性の視力を失い、多くの研究は指摘する喫煙は、この症の重要な危険因子.また、その原因の筋まひは、外筋肉の血流が減少、これらの筋肉が機能性の麻痺、喫煙は実証されている危険因子.

によっては、中国国においては、高齢性黄斑部病変は西方国において視力喪失の主因の一つとなり、75歳以上の人口は30 %が早期に病変、7 %が末期症.この病気の早期視力は正常で、病変の進展につれて、黄斑部の機能に影響を受け、視力が深刻な損傷、加齢黄斑部病変の病原原因はまだよく分からない、心臓血管疾患、食や長時間の日差しが照りつけるとされ、それと症の発生及び進捗に関して.

は多くの実証を研究して喫煙はこの病症進展の重要な危険因子の一つで、喫煙者(特に毎日をいちパック)よりも喫煙者が発生2-2.5倍この症の危険.喫煙は眼球の脈絡膜の血流に影響することができて、虚血、酸欠>をもたらします

☟ED治療薬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です