昆虫アレルギー

昆虫に刺されたり接触したりして何らかの症状が現れる場合には、たとえば蚊に刺された局所がかゆくなる場合のような直接的な作用によるものと、免疫グロブリンE(IgE)抗体を介したアレルギー機序(仕組み)によるものとがあります。後者を総称して昆虫アレルギーといいます。
症状
昆虫アレルギーの症状は、全身、または身体の一部(特に虫にさされた箇所など)に赤み、かゆみ、腫れ、蕁麻疹、かぶれなどの皮膚的症状や、頭重、発熱、倦怠感、ぜん息、呼吸困難的症状などがあげられます。また、酷い症状の場合、アナフィラキシー症状を引き起こし、最悪は死に至るケースもあります。
特徴
上記の症状のように、アナフィラキシー症状を引き起こすケースが多いのは主に蜂が多いですが、蜂に刺された結果、アナフィラキシー症状になる、または最悪死に至る・・・とあるように見受けられますが、これは蜂ばかりではありません。蜂以外にも、アレルギー反応(アレルゲン)となるものは、昆虫から出てくるフンなどもあげられます。こうした場合、呼吸器官に入ると、ぜん息や呼吸困難的症状にもなる事もあります。また、皮膚が弱い乳幼児、皮膚に敏感な方には、症状が酷く発症しやすいのも特徴といえるかもしれません。
治療の方法
ハチの刺傷によるアナフィラキシーの治療は、まず塩酸エピネフリンを皮下注射し、次いで血管確保をして副腎皮質ホルモン薬の静脈注射を行います。緊急処置用のアドレナリン(エピネフリン)の携帯用自己注射製剤(エピペン)があるので、ハチ・アレルギーの既往のある人はアレルギー科で専門医に相談するとよいでしょう。
根本的治療にはアレルゲン免疫療法( 減感作げんかんさ療法)が非常に有効率の高い治療で、全身反応の既往があり、皮膚反応やIgE抗体陽性の患者さんが適応になります。チョウやガなどの昆虫成分の吸入によるアレルギー性鼻炎、喘息症状に対しては、薬物による対症療法が行われることが多いのですが、対策としては原因を避けることが最善です。

ジェネリック医薬品

ED治療薬シリアスの基礎情報

ED治療薬カマグラ100mgの効果