目には幸昆虫アレルギーせな時間が

また一つ暖かい朝が.

私の小さい家の中で私の小さい家にもぐりこんて、私の癖性になったの時、私は私の習慣性と目を睁開,シングルベッドから這い、窓の辺、うつぶせに腹ばい、朝一番最初の画面を鑑賞することができました.

私は天を見ることが好きです、通常私は這い、窓の辺に歩いて、1件の事は天を見ることです.一晩で星の降る日に、翌日の朝、私だけで伏せ窓口、頭を上げて、ずっと見て红通通おひさま略带羞渋い顔.時々、私も見える朝焼け、オレンジ色の光が、勝手に散空に太陽舅寝ぼけた笑顔になって、天上とのどかな風景線.

私は天を見ることが好きです,
アリ王(ANT KING).

私も私も好きです、晴れの朝、湯煙のちらついのベランダに立って、水しぶきのそよ風が私の髪を吹き抜けるて、私の目の両目、私の指先を通して、私の指先を通して.

私はよく

バルコニーに立って遠くを眺めて、夜が明けて山、山の高層ビルを交えてビルの中の緑の木は,昆虫アレルギー、成長の緑の草、平面で草の隣の石畳の道、散る石畳の野の花……私は私の目を使って展望、または台頭や目の高さが同じ、または見下ろすと、ゆっくりとの赤い日は、明るい日差し、連峰のように群れ靑山、直立の高層ビルは、緑の葉は、飛鳥の影を喜び、靑々とした草が、霧でみずみずしい花花骨……大自然最初の顔かたちは、私の目には、私は、私は、私は、私は喜んで、私の喜びを、私は、私の喜びを、私は、私の喜びを、私は、私の喜びを、私は、私の喜びを.

に自然の最も美しい風景,後に、私の好きな1本の小さなベンチに引っ越し、置いてベランダに出しながら、そして本棚から何冊の古典の詩と詞あるいは現代の小説を読んで、一人で、静かに、静かに見て.

p>私<好きな詩は、それらの巻物に黄ばんで詩や歌賦.私はあれらの小説が好きで、あれらのは私は無限に思っていることの、はらはらすることのある、はらはらするストーリの筋.私は本が好きで、本が好きあれらの刻まれ粘や印刷された文字、あれらの美辞麗句、簡素な言葉、地方色の俗語に満ちて……その融合されて、喜び、喜び、相思になり、哀愁を生成する.あのひらめきの文字、いつも私を深く懐かしさせる.

だから、私は本の中で泳いで、诗詞曲は中に悟って、悟りの中で自分の内心感情を昇華して、感情の中で小説の背後のはでやかと騒動を味わうことを体得することが好きです.

私は鑑賞が好きで、自分の明るい目でこの世の中のすべての美しいことを観察しています:大自然のあでやかな顔、書籍の中で氾の瀋殿の瀋殿を観察します.私はそのように、私は、すべての美しい物事を、すべての美しい物事を、中に入れて、すべての美しい物事を、私は.そこで、私はよくできる喜びを怪しんで、感嘆.私はとてもあたたかい心、私の眼中にあるため、あれらの美しいシーンは、すべてすべて幸せな時間です.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です