私は1筋の昆虫アレルギーほほえみを借りて

霧の中を進む ,
レビトラの副作用

湿っぽい百メートル
朝の光の中でその微細の可視度
任爾散財を交えて
待って
ばかりのような勢いよく流れが
躁急心が彷徨うことになるわ
漸然デフォルトこの難しい隠れの道
もう文句に平然となら
仰いで目を
時間切れだけ岸行列が記憶の潋さざ波
浪花の心の使者

请你带走那残留点点罪孽的企盼
旧往那些柔弱将自立永恒
袭雨敲击着富积的脑细胞
冷风破裂了最为可贵的神经
被雾气一次次笼罩着
惯于我行我素
艰难的拔开云雾
阴霾里暗器袭击着看似强硬的躯体
裹裹厚实的薄衣
感谢那些正宗的辛辣似矛似盾
眼角深处渗出点点泪光
乍暖还寒
困乏的文字再次散发出阵阵的低廉气息
旧时的暗疮奇痒无比
忍耐也演化为崎岖的幸福夜色暗淡
拖着满满的倦意迎着归途
拥若的记忆深处依旧拥挤
闲暇处靠窗浏阅淡淡的文字
浸润身体角落的丝丝无奈
挤兑中深藏複雑な推測

だまっな肢体

私はあなたが縷を薄くつけるような笑みを浮かべて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です