補血に何を食べななしち項の昆虫アレルギー食療の方に益の息補血

私たちの体の健康、女性は特殊な体質に影響しているので、造血は最も重要なこと、造血は何を食べて何を食べますか?補血の食べ物はすべてどれらがありますか?今は小編集について文章を読んで、私達はどのように補血することを見ます?補血の食事療法はすべて何がありますか?

補血

何を食べて補血

を食べますあずきにはとても良い薬用価値があり、漢方医はあずき豆味甘酸、無毒.滋養補給が強く、内臓を強くする健胃、利水除湿、和気排膿、通乳の機能、小豆の種にして食用と薬用使わ粥を煮て、制あん.

p1、水には水を引いて、スープ

に行きますは、生のハトムギ20グラム、あずき30グラムは,昆虫アレルギー、約半日、約30グラムの洗浄をしておく.ハトムギの水割りは半軟らかいあずきあずきに入って炊け、氷砂糖、氷砂糖、溶解後にエンストば食用にします.

効果:助けて顔をケアする美容、役に立つ息の血、利水を散らす.小豆は益の息補血、利水腫れ、ハトムギは内臓を強くする利水を加え、排膿.

p2、蓮子のあずき

原料:小豆500グラム、白蓮子さんじゅうグラム、百合じゅうグラム,陳皮適量氷砂糖約500グラム.

作り方:まず

をきれいに洗ってアズキ、蓮子、ユリ、清水漬け2時間、お湯を小豆(しみこんで豆と水)また、陳皮、蓮子、ユリを鍋の中に入れて、煮た後に慢火で煮る2時間 レビトラとバイアグラ,最後にやっと強火で煮るおよそ半時間煮る~あずきから;砂とまた適量の水、砂糖で調味、甘みは人によって愛する.

効果:内臓を強くする益の腎臓、固精益の息、強健な筋骨、体力をつける.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です