雨_昆虫アレルギー 0

の窓に立つ前に、窓の外の空を見て、どんよりとしたが、この夏も本当に奇怪で、もう真夏日となったのに、そんな涼しくて、まるでない点熱.手持ち無しにコンピュータを開いた、登ったQQに入った空間を見たから、親友の空間の絵や文字、ふと思い出したのは十数年前に1人の友達がかつて1篇の文章を発表した『私は君と一緒に雨』.確かに、雨音は人を好んで感傷的な境地に入る年、文人の言葉遣いのロマンチック、ラブラブ、哀婉、凄惨甚だしきに至っては悲壮で来て他人に加筆雨音.

私達のかつていっしょに討論したことがあって、彼女は優しい雨が好きで漫歩し、雨の音を聞いて、しとしと降るように、人々に語りかける憂愁が,昆虫アレルギー、私は好き山雨来たらんと欲して風楼に満つ前の闇、大雨の形容土砂降りのその痛快至極や嵐の後には凪がくる後のように輝く.

は久しぶりの雨の日の美しさを感じ、何かその友人は今の感じはどう、1本のメールが過去、答えは:おそらく、疲れた、あるいは老、だけと雨の迷惑のほか,何も感じなかった.ああ!歳月の同様の境地は、ないような感じで,本当に感無量な人!

ちょっと昔、あの雨の中の境地を感じて、もう一度.

☟女性不感症

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です