養生茶の昆虫アレルギー処方は4項漢方医養生の茶療法の養生また病気を治療する

は近年、茶の中の栄養成分と薬理作用、絶えず人々に発見され、その保健機能と防除疾病効果が得られた肯定.秋には,自身の体質によって、治療に適している、健康、強化体質にも役立つとされます.お茶の治療は簡単で、また養生はまた病気を治すことができて、下の小さい編はみんなに4項の養生茶を推薦します:

は4項の養生茶を推薦するpだいこん大根茶

大根ひゃくグラム、茶のごグラム、少量の塩を先に大根煮切片をきれいに洗って、少し塩(なかれ調味味の素を入れ、二度とお茶を浸し用ご分後を大根汁で服用して、毎日2回にこだわらないタイムリミット、熱を下げて痰を取り除き、理气食前の功適用咳痰は多く、納食香などない.大根は栄養が豊富で、カルシウムをくわえてかつ薬用の価値が、清熱痰、配茶飲料が清肺熱、去痰濡れ、少ない食塩は味付けは、清肺消炎 アリ王(ANT KING).

姜苏茶

生姜、シソの葉の各さんグラム、しょうがは千切りにし,シソの葉をきれいに洗って、開けないで醸造じゅう分代茶飲料.毎日に剤、午後の各温服いち剤.あって風散寒、理气と胃の功に適用される寒風と寒気の風邪発熱、頭痛、吐き気、嘔吐、胃痛腹部膨満などの胃腸の調子が悪い型風邪.この方は薬代茶、味が少なく、実用簡便.

pキクラゲキクラゲ茶

は20グラム、茶葉5グラム、氷砂糖20グラム、氷砂糖20グラム、氷砂糖20グラム.先に白木耳洗浄水と氷砂糖(粉砂糖煮込む熟しないで).また、お茶の葉がご分汁を取ると入白木耳スープ、攪拌して服用する.滋陰逆上をとるが、肺を潤すことを適用する咳功、貧血状態.キクラゲは薬の薬として、たんぱく質は約10 %、炭水化物65 %、無機塩4 %と、ビタミンEやリン酸、鉄、カルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウムなどが含まれます.薬用滋陰,昆虫アレルギー、唾液の分泌を促進して肺を潤すことが胃をかう効果.シロキクラゲ配氷砂糖に栄養をつけて肺を潤すことを助け、咳を止め痰の力、その火を配茶消痰利湿には、両方の消炎効果.

オレンジ紅茶

オレンジ紅茶<P>

桔红3 – 6グラム.お湯を入れてから、鍋に入れて20分も蒸して20分後に服用します.毎日いち剤いつでも飲んで、肺を潤すことが消痰;理气咳止めの功に適用される秋令咳痰は多く、くっついてたんんでの症.このお茶は桔红宣に理气、消痰咳を止める.茶葉は抗菌消炎作用、これ二味にくっついて咳を調合して、痰は多く、困難を吐き出しだす者の治療効果がよい.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です