胃腸病の類型及び漢方薬の胃腸薬について

少しの人は不当に飲食して、胃腸を良くなくして、それでは、どんな胃腸薬がいいですか、中国医学によって治療しに来ることができて、副作用は小さくて、そのうえ効果はよくて、次に腸胃薬の漢方薬を分かち合うことを編集して有効に胃腸を治療します。

1、肝胃不和型胃腸薬: 特徴は上腹部が痛く膨らして、わきの体側を牽引して、おくびは酸を吐いて、気持ちの志抑鬱、舌浅紅、苔は薄めに白い。治療の法:肝臓の気を通りをよくして、肝臓脾臓を調合します。処方箋:ミシマサイコは肝臓を通りをよくして半端に減ることを加えます。 常用薬物: ミシマサイコ、白しゃく、枳殻、川の芎は、良い香りで添えて、でたらめに、川栴檀の子、墨イカの骨は、よみがえる梗、陳皮、あぶり肉甘草など、わきの体側は重さの場合は、また白檀、ブッシュカンなどを加えます。

2、脾と胃の蒸し暑い型胃腸薬: 特徴は腹部灼熱痛脾臓腫大症に上がって息苦しくて、嘈の雑パントテン酸は、口は脂っこく口に苦くて、吐き気を催す消化不良は、疲れた怠の疲れ、舌ダークレッド、苔は黄い。治療法: 熱湿を解ける、健脾和胃。 処方箋: 良い香り丸、ふだんの胃は散って等方的に減ることを加えます。 常用薬物: 黄連、コガネヤナギ、チモ、イノコズチ、朴の木、木の香、ハンゲ、ジュズダマなど、ヘリコバクターピロリ菌に感染して、蒲公英と白い花の蛇の舌の草などを加えて、食べは不足していや腐るの場合は、また3セント焦しを加えます。

3、脾と胃の虚の寒の型胃腸薬: 特徴は腹部の上で鈍痛、一般的に清水を吐いて、食べた熱い飲み物を喜んで、喜ぶよって、肢は寒くて、大便の溏は薄くて、舌は薄くて、脈は細く沈みます。 治療法: 益気温は当たる、健脾臓と胃。 処方箋: 脾臓と胃腸の機能を調整してスープ、黄耆はスープに当たることを造って、朴の木の温りの中スープは等方的に減ることを加えます。 常用薬物: 党参、黄耆、白術、生姜、桂枝、ブクリョウ、木の香、陳皮、朴の木、草の蔻、シャミツの種、あぶり肉甘草、生姜などを加えることを吐きます。

4、胃気不和型胃腸薬: 特徴は上腹脾臓腫大症がすっかり調子が悪くて、吐き気していや逆で、食べは疲れた怠が不足して、発熱症状は互いに固まって、昇降は正常でなくなって、表裏は仲が悪くて、虚実は交えて、舌苔は薄めに黄色であります。 治療法: 胃と逆で下がって、平らに発熱症状を調整します。 処方箋: 半夏スープ、黄連は等方的に減ることを加えます。 常用薬物: 半夏、生姜、朴の木、呉の萸、黄連、コガネヤナギ、キコク、木の香、白しゃく、桂枝、あぶり肉甘草などをして、痛い明らか者は、またカナダドルはでたらめに、良い香りで待つことを添えます。

5、血気滞の型胃腸薬: 特徴は腹部に上がって刺して痛んで、食べ後に劇を痛めて、痛いところは拒むよって、時には吐血してあるいは黒い便は、舌の紫は暗く堆積した土砂が点を打つことがあって、脈は薄めに渋いです。 治療法: 生きたは血化して堆積する、理気の痛み止め。 処方箋: 膈下に堆積した土砂トンガを追って減ります。 常用薬物: 当帰、川の芎、白しゃく、丹参、胡、桃の仁、ベニバナ、香は添えて、牡丹皮、墨イカの骨などは、吐血あるいは黒い便の場合は、また三七、ブレティラなどを加えます。

6、胃陰不足の型胃腸薬: 特徴は腹部の痛みに上がって、口は乾いて、心中は熱を煩わして、手足の心はあつくて、舌は赤く、津が不足して、脈の弦は細いです。 治療法: ますます健脾臓に怒って、陰を養って胃を清算します。 処方箋: 益の胃スープは、これまでずっと等方的に減ることを加えることを煎ります。 常用薬物: 生地、砂参、コヤブラン、アマドコロ、当帰、白しゃく、クコ、川栴檀の子、あぶり肉甘草など、便秘の場合は、大黄、麻糸鋸子などを加えます。

出典:「漢方薬の胃腸薬|胃腸薬の種類」http://xn--zck9a4b352yuua.thetophatmausoleum.com/